アジャイル開発における
テスト工程とは

シフトレフトを実現するための
クラウドテスト

ソフトウェア開発ライフサイクルの早い段階にテストを移行するシフトレフトアプローチ
できるだけ小さなチャンクでテストすることで失敗による影響を最小限にします。
その失敗から素早く次の方向を決めることができ、開発速度とリリース頻度の両方が向上します。

アジャイル開発における品質テストでApplauseだからこそ提供できる価値があります。

高速な開発を実現するために、多くの開発チームがアジャイル手法による開発を始めています。
開発が高速になるアジャイル開発では、その中の重要なstepであるテスト工程を見直す必要があります。

アジャイル開発に適したテストとは

アジャイル開発において、重要となるのがテストです。
小さいステップを区切り開発し、テストする。
その中で課題を見つけて次のステップへ進める。

アジャイル開発では、スプリント内でテストする項目はそのスプリントの工程のなかで決まります。スプリントの期間はそれぞれのチームやプロジェクトによって異なりますが、テストにかけられる時間も短く、テスト内容も流動的になります。

多くの開発チームがまだテスト工程をチーム内、または社内で取り組んでいます。必要なタイミングで素早くテスト結果を得ることで、開発スピードを上げることができますが、チームメンバーが限られている場合には、テストがボトルネックとなりスプリントの進捗が滞ることもありえます。また、開発に必要なテストが各スプリントで異なる場合や、チーム内では簡単に実現できないようなテストも存在する可能性もあります。

Applauseの In-Sprint Testingを使用すると、エキスパートが集まるグローバルコミュニティからお客様の求める領域に最も適したテスターを集めて構成したテストチームをほんの数日で構成することができます。
テストチームの力を活用して、短い期間で構築、テストを繰り返すスプリント内でのテストをほぼ即座に実行できます。
バグ追跡システムに直接統合されるApplauseのSaaSプラットフォームは、数多くのプロジェクトの知見をもとに改善され構成されたプロセスを使用します。開発メンバーはそのスプリントでテストを実施するアップデートをプラットフォームを活用してApplauseに送信します。最適なターンアラウンドにあわせてメンバーのサイズを調整できるため、スプリントを停止させない速度で、的確なフィードバックを受け取ることができます。
Applauseの In-Sprint Testingでは、開発スプリントの中でどんなタイミングにでも、必要なときに必要なテストを確実に実施できるのです。

Applauseの In-Sprint Testingの特長

内部リソースに負担をかけない”シフトレフトアプローチ”

Applauseのテストチームが必要なタイミングで、必要なターンアラウンドを設定してテストを実施できます
開発担当者は開発にだけ注力することができます。

既存のワークフローを利用

統合とAPIを使用しすることで、すでに利用しているバグ追跡システムから直接テスト結果を要求し、受け取ることができます

他のタイプのテストと連携

InSprintを活用して要件を検証できるだけではありません。Applauseなら、適切なタイミングで探索的テストを実施したり、実際の環境を使ったテストを実施することができます。複数のテストを組み合わせることで、後で予期しない問題を発見することを防ぐとともに、より良い顧客体験のための改善点を発見することができます

エンジニアのためのシンプルで合理化されたプロセス

ApplauseのIn-Sprint Testingは、品質テストを”シフトレフト”するだけではなく、数多くの成功事例をもとにアップデートされ、合理化された最新の品質管理プロセスをチームに適用することができます。
開発担当者が新機能または更新された機能のコーディングを完了すると、事前に定義されたステータスのチケットとして直接Applauseに送信します。Applauseによって、機能の要件に基づいてテストケースが自動的に作成されます。
グローバルコミュニティから厳選したニーズにあわせたカスタムテストチームが待機しているため、テストはすぐに開始されます。
テストケースに対して合格または不合格の結果が通知されるだけではなく、Applauseのプロジェクトチームにアサインされたエキスパートが、開発チームが問題を再現して対処するのに役立つ関連画像やログなどを収集したうえで報告します。

テスト結果がApplauseのプロジェクトチームで精査されると、テスト結果の準備ができていることを示す新しいステータスでバグ追跡システムに返送されます。
このプロセスでは、Applauseを活用したテストを実施している間、開発チームは使い慣れた既存のバグ追跡システムを離れ、新しく他のシステムを利用する必要はありません。
一方で、開発チーム側でテスト結果を精査したり、バグの修正を行っている間も、Applauseのプロジェクトチームやテストを実施するコミュニティのメンバーは保持されています。

開発担当者が開発している間に、並行してテストチームがテストを実施することも可能です。
新しく修正された機能がマスターコードにマージされる前、または開発者が別の機能に移行する前に、必要なテスト結果を取得することができます。

求める結果を出すための実証済みのテスター

実績を評価されたテスターと資格のある専門家のプロジェクトメンバーをアサインしお客様にあわせたカスタムチームを構成してテストを実施

Applauseは、高い品質のテストを実施するためには、テスターの質が重要であると考えています。
Applauseは常に、テスターコミュニティを強化し、高度に精査されたQAプロフェッショナルのカスタムチームを編成できるように準備しています。
お客様に満足いただけるようなクラウドテストのクオリティを提供するため、テスターコミュニティに対してトレーニングを提供し、お客様からのフィードバックを活用してサービスの質を管理しています。実績のあるテスターは、製品に関する継続的な知識を維持し、作業の速度と拡張性を高めるための一貫したチームとして機能します。必要とする分野に適した質の高いテスターをリアルタイムで利用できるため、テストの量とビジネスの優先順位の変化に合わせてスケールアップまたはスケールダウンできます。

実際の環境や設定でテストをクラウドテストを用いて実施することにより、より包括的なデバイスとロケーションのカバレッジが可能になります。本番環境で検出される柔軟性が向上し、バグが減少します。
Applauseのフルマネージドサービスは、既存のアジャイルまたはCI / CD環境内にシームレスに統合され、開発のペースに追いつくための内部チームの能力を強化します。

テストを”シフトレフト”する準備はできましたか?


迅速なターンアラウンドタイムとスプリントの途中でテストする機能を備えたApplauseのIn-Sprint Testingを使用すると、より速く移動し、より高品質のデジタルアセットをエンドユーザーにリリースすることが可能になります。

ApplauseのIn-Sprint Testingを活用するメリットを再確認してください。

  • リリース速度のスピードアップ:エンドユーザーの手に優れた製品やサービスをより早く届けることができます
  • より多くの問題をより早く解決する:テスト結果をすぐに得られるので、開発担当者はより多くのチケットをより速くクローズすることができます
  • コストの節約:後期段階のバグ修正のコストを回避するために、開発の早い段階で問題を見つけて修正します

あなたのアジャイル開発プロセスにApplauseの力を活用してください。

お問い合わせはこちらへ